新生児のインフルエンザ感染の注意点

新生児

新生児は母体から免疫を貰っているので生後半年程度は病気をしにくいとは言われていますが、インフルエンザに関しては毎年流行する型が違う為、新生児であっても感染する可能性は十分あります。
咳が出たり発熱をしたり、そういった症状がある場合はすぐに病院に連れて行きましょう。
また人ごみに連れて行くとインフルエンザだけでなく他の病気に感染してしまう可能性もあるので、不必要に新生児を人ごみに連れて行く事は危険です。
インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因となっている病気です。
予防接種をする事によって発症しない、もしくは症状を軽くする事も可能ですが、予防接種した注射がその年に流行するインフルエンザの型に合っていなければ効果が発揮されません。
また新生児の場合はまだ予防接種は出来ないので、注射で何とかするというのではなく、生活環境などで気を付ける事が重要です。

一般的にインフルエンザになるとリレンザを利用する事が多くなっています。
それによってウイルスを体内からいなくする効果が期待できるのですが、新生児を育てている場合、授乳をしている人はリレンザの利用自体抵抗を感じてしまう事も少なくありません。
確かにリレンザの成分が母乳を介して新生児に移行してしまう可能性があるので、安易に利用出来ないと感じる人はいます。
ただ、母体から母乳で薬の成分が移行する以上に、世話をしてくれる人がウイルス感染をしている方が危険です。
子供に余計な感染をさせない為にも、親がインフルエンザになった場合は迷わずリレンザを利用する方が無難です。た
だその間は母乳への移行が気になるので、まずは医師の指示に従う事、そして気になる人はその期間中は母乳ではなくて粉ミルクを赤ちゃんに与える様にした方が安全でしょう。