仕事に支障が出る前にリレンザやワクチンで予防する

インフルエンザになると仕事を休む必要があります。また周りへの感染を防ぐという点から、会社によっては1週間は休むようにと言われる場合もある程、感染拡大には注意しなければいけない病気だと言って良いでしょう。
毎年10月位になるとインフルエンザに関してはワクチン接種が開始されます。
それを摂取する事によって発症を防いだり、もし発症してしまったとしてもワクチン未接種の時に比べるとはるかに軽い症状で済むようにする効果が期待出来ます。

またワクチンだけでなくインフルエンザを予防する方法があります。
それがリレンザの服用です。基本的にリレンザはインフルエンザを発症してから服用する薬だという風に知られていますが、実際には予防投与と言う場面でも利用される薬です。
ただ予防薬として利用する場合は治療の為に利用する場合とは使い方が異なります。
成人および小児は1日1回吸入、これを10日間行う事になります。
ちなみに治療の場合は1日2回吸入を5日間続けるというのが基本です。
こうする事によってインフルエンザが流行してしまう時期になったとしても、感染する可能性をぐっと低くする事が出来ます。
勿論仕事をしている人は仕事や業務に支障をきたしてしまう事も無いので、安心して業務に携わる事も出来るでしょう。

しかし、リレンザの利用は通常の市販薬を利用する時と同じ様に自己判断で使う事はできません。
勿論副作用が考えられる薬なので、実際に処方してもらう場合は病院に行って診察を受けてからという事になります。
さらに正しく利用する事によって効果が期待できる薬である事、またリレンザ自体はインフルエンザの予防の効果のみで、風邪などの予防には効果が無いので、手洗いうがいは帰宅時には毎回行うなども健康を維持する為には必要です。