インフルエンザ治療薬リレンザの副作用

喘息に苦しむ女性

リレンザは、インフルエンザに感染してから48時間以内に正しく吸うことで、絶大な効果を発揮します。
インフルエンザウイルスは、気道などの粘膜から侵入し増殖していきます。
正しい使い方でリレンザを吸入することで、その場所に直接届くよう吸入されます。
リレンザの効果はインフルエンザウィルスの増殖を妨げるというものです。
リレンザはすぐに気道粘膜に届けられるので、たいへん即効性があり、十分な効果が発揮できるというわけです。
ウイルスが喉などの粘膜から侵入するなら、薬も同じ方法で、ということです。
飲み薬として服用すると、薬剤の成分は全身へ行き渡ります。必要のない部分へも影響を及ぼすため、効率的とは言えません。
不必要な副作用を起こす可能性も高まります。

吸入という方法は、喘息などの呼吸器系疾患の治療にも用いられています。
患部に直接というのは、理にかなった方法です。
飲み薬より、吸入薬であるリレンザのほうが、効き目が高いのは、こうした理由からです。
同じように、インフルエンザウィルスの増殖を妨げる薬としては、他に有名なタミフルという飲み薬もあります。
タミフルについてはこれまで、圧倒的に数多く使われてきました。しかし、腎臓病患者には使えないという難点がありました。
リレンザは海外では腎臓病患者にも使えるとされていますので、国内でも腎臓病患者に投与できると考えられます。
また、インフルエンザはA型とB型がありますが、解熱までの時間はインフルエンザのA型でもB型でも短時間で済んでいることが明らかとなっています。
B型インフルエンザでは17時間も短くなっています。仕事を抱える成人にとっては貴重な時間です。
一刻も早く治りたいと願っている患者は多く、この薬の吸入によってより早く仕事に復帰できるようになっています。

この薬は、インフルエンザの予防薬としても使えます。
インフルエンザの感染者と同居している場合、普通は9%程度は感染してしまいますが、この薬を感染予防のために服用すると、それが1%ほどになります。
劇的な効果と言えるでしょう。予防薬としての使用ですので、保険は効きませんが、地方自治体によっては、インフルエンザ感染者と同居していれば、医師の判断で使用が可能になることもあります。
通常は、感染者と同居している65歳以上の高齢者や、呼吸器系に疾患がある患者などに限られます。
耐性菌の出現を阻止する観点からは、予防薬としての使用は好ましくないとされますが、効き目が絶大であるのは事実です。