インフルエンザの検査方法やリレンザが必要ない場合

病院で検査を受ける女性

インフルエンザは毎年冬場の季節になるとあらわれるやっかいな流行病で、何年かごとには世界的な大流行が起こり、多数の患者や死者が出ることもあります。
このインフルエンザですが潜伏期間をおいて発症すると、突然38度以上のはげしい発熱におそわれたり、全身の筋肉や関節が痛くなったり、のどの粘膜が腫れて頭痛がしたりといった症状があらわれます。
こうしたインフルエンザの兆候があらわれた場合には、迷わず病院に行って必要な検査を受けるのが望ましいといえます。

多くの病院では迅速診断キットとよばれるものを準備しており、これは鼻の穴に綿棒を挿し込んでサンプルを採取し、なかに存在しているウイルスのタイプをたしかめる検査に使用します。
検査の結果、インフルエンザウイルスが確認された場合、リレンザのような抗インフルエンザ薬が処方されることが多いといえますが、実は特効薬として知られるこのリレンザを投与する必要がない場合も存在します。

たとえば、発症からすでに48時間以上という時間が経過しておりリレンザの投与によって、感染した細胞のなかにウイルスを封じ込めるだけの意味がないという場合です。
この場合リレンザを投与しても回復を早める効果はありませんので、もともとの身体の免疫力と対処療法的な解熱剤や鎮痛剤の処方によることになります。
ただし解熱鎮痛剤のなかには、インフルエンザの際に使用すると重大な副作用をもたらすものがありますので、医師の指示にしたがった服用が求められます。
またインフルエンザのウイルスにはいくつかのタイプがありますが、C型ウイルスに感染した場合も、タイプの違いからリレンザを投与しても効果はなく、そもそも症状的にはA型やB型と比較にならないほど軽い場合が多いものです。