まれに起こるリレンザの副作用

リレンザは吸入型のインフルエンザ特効薬で専用の吸入器で薬剤を吸入することにより、気道で増殖しているインフルエンザウイルスに作用します。
同じくインフルエンザの特効薬であるタミフルとの大きな違いは、リレンザの場合治療薬としてだけでなく予防薬としても使用される点です。

リレンザの効果はインフルエンザウイルスが増殖するための酵素ノイラミニダーゼを阻害することにより、ウイルスの増殖を抑えてインフルエンザの諸症状を軽減してくれることです。
リレンザは即効性に優れ、吸入後1分ぐらいで働き始めますので、インフルエンザに感染したなと思ったらすぐに吸入することが大切です。
ただし経口薬と異なり吸入できない小さな子供や高齢者には使用が難しいのが難点です。

吸入型ということで口から取り入れるタイプのものと異なり、身体全体に作用することが少ないので副作用があまり無いのがリレンザの特徴の一つですが、それでも時々副作用が現れる場合があります。
通常は発疹が現れたり、ぜーぜーと息切れしたりといったことが見られますが、まれに顔や咽喉など身体の部分が腫れある、といった症状が見られる場合があります。
そんな時にはアナフィラキシーショックが疑われますので、投与を中止し至急医師の診察を受けてください。
アナフィラキシーショックの初期症状を見逃さないように注意しましょう。
特にアレルギーのある方は要注意です。ただこうした重症の副作用はごくまれですので、過敏に恐がる必要はないでしょう
。リレンザはタミフルほど一般に普及していませんが、実はインフルエンザの予防・治療薬としては一番最初に開発された薬剤です。
吸入が少し難しいなどの欠点はありますが、安定した評価を得ていますので、上手に利用してインフルエンザから身を守りましょう。